保育サービスまである歯科クリニック!

バブル経済崩壊と歯科クリニックがどう関係するのかはよくわかりませんが、バブル経済期には、歯科医の収入は高かったと聞きます。

それが、最近では、歯科医の飽和状態と言われるほど歯科クリニックが増え、倒産するクリニックも多くあるようです。

しかも、2006年に行われた診療報酬の改定で、医科に比べて歯科の診療報酬は、低めに設定されてしまいました。
また、少し古い資料ではありますが、国民医療費に占める歯科医療費の割合が、1955年は13.0%であった数字が、2004年には7.9%と、ほぼ半分に減少していることで、歯科クリニックのおかれている状況は、厳しいことが分かります。

最近、歯科クリニックで、自費診療メニューが多くなっているのもこのような影響が大きいのでしょう。

知人から聞いた話ですが、日曜日に歯が痛くなり、わりと開院して新しい柏市の歯科クリニックで治療して貰ったそうです。
日曜日だというのに、普通に診療を行っており、それどころか年中無休なのだそうです。

以前なら、土日に歯が痛くなっても我慢するしかなかったのに、歯科クリニックも随分とサービスが良くなったのね・・・と、驚いていました。

知人の評判も上々だったので、サイトで調べてみると、ペンギン歯科はマルエツ北柏の中にあります。月・木・土の10時から13時までは、保育士もいて、子ども連れの母親でも治療できるようです。
つまり、保育サービスまであるのです。
すごいですね。

Leave a Comment

Filed under デンタルクリニック